Top >  小額資金での運用

小額資金での運用

よく比較の対象とされますが、
外貨預金とFXの違いは思いのほか大きいです。

投資・預金する上で必要なのは資金です。利益に対してどれだけの準備金が
必要なのか、つまり資産の運用効率を考えておく必要があります。

同じ100万円を投資に使うと考えた場合、100万円を一箇所に投資してしまう
と、その資産は当然その一箇所による運用の成否にかかってくることになり
ます。

しかし同じ100万円でも数箇所に投資することで、リスクを分散させることが
可能です。

これを外貨預金とFXに当てはめて考えてみます。

円を外貨(ドル)に替えて為替差益を比べてみると...。


◎1ドル/110円から、1ドル/120円にレートが変わった際の元本と利益

外貨預金の場合
1万ドルの預金で必要な日本円は110万円
利益は10万円

FXの場合
1万ドルの取引で必要な日本円は、1万円〜10万円程度
※レバレッジが10〜100倍の場合
利益は外貨預金と同じ10万円


つまり10万円の利益を得るのは同じでも、必要になる現金は大きく違う
ことになります。

資金が残れば、株や他の投資に充てることも出来るのですから、資産を
有効に分散投資することが可能です。

外貨預金とFXの違い

関連エントリー

・小額資金での運用
・外貨預金・FXの手数料
・得た金利を自由に出金
・期日にとらわれない取引